ちんこの大きいセフレが欲しい女性とセフレの関係

私は人に自慢できるほどの巨根を持っているのですが、妻はそれをありがたがってはくれないのです。
やはり人並み以上の巨根を持っている以上、ありがたがってくれないのでは張り合いがないので、私は巨根が好きな女性を出会いアプリで探す事にしました。

 

>>セフレ募集中の人は簡単に探せるおススメ出会い系アプリ

 

私はセフレアプリに「巨根好きの女性はいませんか?」とコメントしました。
そしたらほどなくして一人の女性が出会いアプリを通じて連絡をくれ、私は直ぐにその女性と会う事にしたのです。
彼女は私と会うなり「本当に巨根を持っているのか」と聞いて来たので、私は「見たければラブホテルで見せてやるよ」と言い、彼女をラブホテルへと誘ったのです。
それで彼女は私の誘いに乗って来て、ラブホテルへと一緒に行きました。
ラブホテルの部屋に入った私は、直ぐにズボンとパンツをおろし、彼女に自慢の巨根を見せつけてやったのです。
そしたら彼女は目を丸くして驚き、「こんな大きな巨根見るの初めて」と言ったのです。
私は更に追い打ちを掛けるように、「この巨根で気持ち良くイカセテやるよ」と彼女に言いました。
その言葉に彼女は反応して、直ぐに裸になったのです。
それから私たちはベッドの上で暫く愛し合い、彼女の気分が高まり、私の巨根が目一杯大きくなったのを確認して、いよいよ彼女のアソコに突っ込んであげたのです。
そしたら彼女は大きな喘ぎ声を一回上げ、体をよじらせました。
それを合図のようにして私は、彼女のアソコの中で巨根を前後に大きく動かし始めたのです。
彼女はそれで喘ぎ声が止まらなくなり、私は彼女の喘ぎ声を耳で楽しみながら、巨根を動かし続けたのです。
しばらくすると彼女はイッタようだったので、私も少しゆっくり目に腰を動かし、彼女の中に気持ち良く吐きださせてもらいました。
彼女はよっぽど私の巨根が気に入ったのか、セフレになって欲しいと頼み込んでくれました。
私はそんな彼女の言葉が嬉しくて、こちらこそセフレになって欲しいと頼んだのです。
私たちはこうしてセフレ関係と成り、巨根で彼女をヒイヒイ言わせているのです。

これまで私は巨根を持っていながら、その価値を分かってくれる女性と出会えなかったので、その価値を分かってくれるセフレが出来た事に、最高の喜びを感じました。
「北海道|30代|男性|会社員

関連ページ

待ち合わせ場所に来たエロい女性は、何と実の姉だった件
セフレが欲しい。さっぱりと割り切って付き合える、そんな相手を求めて、コミュニティアプリに登録してみた僕。プロフィールを見ると、年齢も、スタイルも、性格も、まさに僕好みの子を発見。コミュニティアプリってすごいなー、って思いながら、さっそく、直に会いたいよ、と言ったら即OK。これで僕もセフレゲットだー、と浮かれていました。
大人の男性に酔わされてしまいました
彼とは何度か今まで掲示板でお話しさせて頂いたのですが、縁がありませんでした。 たまたま仕事のシフトで休みが重なったので、私の方から掲示板のメッセージを通じてお話をさせてもらったのです。